健康な体を維持する為に必要なこと

>

歯周病について詳しく調べてみよう

歯周病がもたらすトラブル

歯周病の怖さは歯を失うことだけではありません。
口は食べ物の入り口であると同時に、恐ろしい細菌の入り口でもあります。
その為、口が正しい役割を果たせていないと思わぬ病気にかかってしまうことがあります。
実際にどんなトラブルや病気の元になっているのか学んで、予防にいっそう力をいれましょう。

まず、歯周病が原因で発生率が上がるといわれている病気は脳血管障害、心臓病、動脈硬化、肺炎、メタボリック症候群や糖尿病などです。
これらの病気はそれだけでも命にかかわることもありますが、後遺症をもたらしたり、他の病気を併発する原因になってしまうなど、後の人生にもずっと影響を与えてしまいます。

また、妊娠中の場合は早産や流産の原因になりますので、妊娠前または安定期での検診や治療を行いましょう。

歯周病と糖尿病のこわ~い関係

糖尿病とは現代病の一つとして多くの人を悩ませている病気です。
特に多くの人がかかっているⅡ型糖尿病では、インスリンというホルモンの量が少なかったり、働きが悪かったりすることで血糖値が上がり、体中の器官に異常をきたす恐ろしい病気です。
悪化すると目が見えなくなったり、歩けなくなったり、腎臓が悪くなってしまって腎臓透析を一生受けなくてはいけなくなってしまいます。

ぱっと考えてあまり歯周病とは共通点がないように思えますが、実はこの二つの病気には深い因果関係があります。
実は、最近の研究によって糖尿病の人は歯周病の発生率が3倍近くも高くなり、また歯周病によって糖尿病が発生したり悪化させる原因であるということがわかってきたのです。

冒頭に述べたとおり、糖尿病が悪化すると一生大変なことになります。
その為にも歯周病の予防はしっかりとすること、また糖尿病の症状が改選しない人は歯周病の検診も受けることをお薦めします。


TOPへ戻る